株入門者の日記

株の取引記録と銘柄分析とその他雑記

銘柄分析「日本軽金属HD」

●会社方向性(2016~2018中計より)
・電池、自動車、電気電子etc産業における新商品開発
・海外現地(タイ、インド?)での工場設立や、海外事業の加速化を目標としている様だ
・ROCE10%超


●本年度計画(2017年5月公表)
売上+4.8%、営業利益-0.7%、経常利益+6.7%
親株主会社に帰属する当期純利益-7.8% 
一株当たり当期純利益 29.07円 を予定


●会社特徴、チェックポイント
・EV、半導体事業のトレンドを追う
・板事業の収益性が大幅改善している、その他も堅調
・海外売上高比率の上昇、アジア現地法人のにつき、円安方向のほうが都合が良さそう
・アルミニウム地金市況に収益率が連動する
・2017年度上半期業績上方修正


●基本情報(2017/10/20)(IRBANKより)
株価 335円
PER 11.52倍
PBR 1.34倍
EPS(一株当たり当期純利益) 29.07円 予定
ROE(自己資本利益率) 11.64%
ROA(総資産利益率) 4.01%
売上高営業利益率 6.38%
売上高経常利益率 5.96%
売上高純利益率 3.83%


●2017年9月度統計(JPX公表)



●総評
人気の銘柄、中期的将来性はある。
素直に国際経済事情に会社業績が連動(特に自動車産業)すると思われるが、板・押出事業の伸びが一巡した場合に、今までのような高成長は望めなくなるかもしれないが、安定度は高いだろう
アルミ市況については世界的な需要増加より価格高騰中らしいが、中国が一息ついたとの新聞記事もあり、注意が必要だろう。短期的には高い方が有利っぽいが。
PBR基準だと標準、PER基準だとやや割安感があるが、その他の水準がROA以外かなり良い感じなのは確か。



●投資判断(A~E)
短期投資判断:B(チャート的にはドン亀のようにジワジワと伸びるのがリーマンにとっては非常にやりやすい)
長期投資判断:B(業界平均PERまで買われる事を想定すると、伸びしろ自体はあと1割程かと思われる。決算次第で投資判断引き上げ)
投資安全性:B(人気材料、経済連動を鑑みると急騰急落しにくいと思われる)